FPGAマガジン
FPGAマガジン
fpga2
FPGAマガジン復活
Interface誌別冊付録として
7000
fpga_n2ue
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Latest Issue ← →
Future Articles ← →
2024年夏以降を予定 [...]
2024年夏以降を予定 [...]
[2024年夏以降を予定]  Arora Vシリーズには,EasyCDRと呼ばれる通信機能が搭載されました.これは,汎用のI/Oピンを使って,最高2.5Gbpsで通信する機能です.エンベデッド・クロック方式なので1本の伝 […] [...]
[2024年夏以降を予定]  [...]
小さなロジックブロックCLBを内蔵するPICが発売されました.3500円程度で入手可能な評価ボードも出ているので,何に使えそうか探ってみます. [...]
[2024年夏以降を予定] [...]
[2024年夏以降を予定]  [...]
[記事検討中] ターゲットボード:Alveo (AMD) [...]
[検討中] FPGAボードの設計において注意するポイントを電源,水晶,外部ICなどに分けて解説します. MAX10のQFP144ピンを手はんだで実装します(なれれば簡単).生基板やガーバーデータも配布する予定です. [...]
[2024年8月発売号 掲載予定] Ti180 M484 Development KitにI2C経由で温湿度センサを接続し,得られたデータをイーサネットに送信するアプリケーションを紹介します. [...]
[2024年8月発売号 掲載予定] 開発中のForgeFPGA(ルネサス)のレビュー記事を検討中です. SoCの持つ機能とツールの使い勝手を紹介します. Go Configure™ Software Hub […] [...]
[2024年夏以降を予定] 超音波トランスデューサをFPGAから駆動し,ToFによる距離推定を行います. 次のような技術要素を利用するので,一部の信号処理についても解説します. ・スペクトル拡散信号 ・M系列 ・パルス幅 […] [...]