[特別版No.2掲載] 

●ライブラリをRZBoardに移植

RZBoard V2Lには動的再構成プロセッサDRPが搭載されています.OpenCVの一部の関数をCPUからDRPへオフロードするOVAというライブラリを,RZBoard V2Lでも使えるようにします.

RZBoard V2L上で,OpenCVをCPUで実行した場合と,DRPにオフロードした場合の実行速度を比較します.

開発に使ったPCからRZBoardのコンソールへアクセスして開発する

●次号以降にも期待

今回の記事では触れていませんが,DRPは機械学習による推論処理のオフロードにも使えます.

ResNet50で物体認識

コメントを残す